アンテナ工事
アンテナ工事
アンテナ工事
Arrow
Arrow

テーパード・スロット・アンテナのはたらき

テーパード・スロット・アンテナは、進行波型平面アンテナの一つです。

テーパード・スロット・アンテナは、ワイヤレスUSBにも使われています。プリント基板で作ったテーパード・スロット・アンテナの概念図には、中間層に銅箔でパターンが印刷されています。

テーパード・スロット・アンテナには、スロット線路と呼ばれる回路があります。これは基板の手前から狭くなっていく隙間(スロット)に電気を送るというものです。また、テーパーとは、溝などの先端のほうが細くなっている造りのことを指します。スロットを通過する電磁エネルギーが、テーパー部分に伝わっていくことで基板端からスロットの伸長方向へ電磁波が放射されます。

テーパード・スロット・アンテナの放射パターンのコントロールには、テーパーの形状が大きく関わってきます。そのため、現在はいろいろな形のテーパーがあるようです。ダイポール・アンテナどの共振型アンテナは決まった周波数の場合に性能が高くなる仕組みですが、テーパード・スロット・アンテナは低周波から高周波まで、幅広い周波数の電波を送信・受信することが可能です。そのため、テーパード・スロット・アンテナは通信用、計測用などさまざまな周波数のアンテナに活用されています。