アンテナ工事
アンテナ工事
アンテナ工事
Arrow
Arrow
Slider

いろいろなループ・アンテナ

エレメントが環状(ループ状)になったループ・アンテナにはいろいろなものがあります。ウッド・アンテナはコイル・アンテナと同じ仕組みをしているループ・アンテナの中で代表的な存在です。ウッド・アンテナには、電界型と磁界型の2種類があり、電界型は一波長 の長さの導線を一回巻きした構造。磁界型はエレメントの長さが波長と比較して十分に短くなっています。

導線を何回か巻く場合も、一回だけ巻くこともありますが、原理にあまり違いはありません。一回だけ巻いているものは「微小ループ」と呼ばれることもあるようです。

また、アンテナ工事業者の人ならわかると思いますが、アンテナのループ面に対する指向性が90度ずらしてあります。

電界型のループ・アンテナは、長さが一波長の円形や正方形などの導線の両端に給電するものが一般的です。導線に定常波を発生させて電場を形成するため、共振型アンテナの一種であるといえます。短波から極超短波までカバーできることもあり、遠距離の通信や衛星通信などで用いられることが多いです。円形にすると効率が高いそうですが、設置しやすいように三角形や四角形のタイプの方がオーソドックスです。

また規模が大きくて円形にしづらいときは、立方体に似た形状のアンテナが使われることもあるそうです。