貨幣はなぜ誕生したか?

誰もいない島に行ってひとりで生活するなら、自分が消費するモノはすべて自分がつくるしかありません。自給自足になります。大昔に、自給自足がふつうであった経済社会から、分業と交換がおこなわれる市場経済に移行して、通貨や貨幣が必要になりました。

通貨がないなら物々交換をしますが、自分が作ったモノと他人が作ったモノの交換が成立するためには、第一に、自分がもっていて提供できるモノと相手がほしいモノが一致して、しかも自分の欲しいモノと相手が持っていてあげられるモノが一致しないと、物々交換は成立しません。通貨は、経済発展に必要不可欠なものであり、通貨そのものもどんどん進化しています。

通貨は、ある時代に誕生した通貨がやがて使われなくなり、通貨としての寿命を終えます。たとえば江戸時代の小判のように、いまでも存在していて十分に高い価値があるとしても、もはや通貨としては通用しないものもありますよね。通貨には、寿命が長いものも短いものもあります。ビットコインはどうなるのでしょうか。ビットコインという通貨の寿命が長いか短いかの問題だといいます。ビットコインのように新しいタイプの通貨について検討するときには、人類がこれまでに使ってきた歴代通貨を参考にしながら、どうなるか考えてみましょう。

おすすめサイト:ビットコインの購入・投資信託ならBIT365|価格最安値宣言!